【スノーピーク フードボウル M.S】所有欲を満たす、ワンちゃん用お皿!

フードボウル

今回は所有欲を満たしてくれる【スノーピーク フードボウルM.S】を紹介します。

こんにちは。2005年からキャンプを始めて、道具は揃ってもキャンプスキルは未だに初心者のてんちょーです。  

ファミリーキャンプが楽チンにできる道具を紹介しています。

高級なワンちゃん用お皿で、所有欲を満たしましょう!

サイズはSS・S・М・Lがあります。 我が家はSとМを持っています。

てんちょー

愛犬とフードボウルを自慢しましょう!

どうぞ最後までお付き合いください。 

フードボウル 使った感想は?

  • カッコいい!
  • 作りがしっかりしている。
  • 所有欲を満たしてくれる。
てんちょー

フードボウルに関しては実用性は二の次です、、、

実際に使ってみて、⇧コスパと機能性のイメージです。それでは紹介していきます。

カッコいい

そのままです。カッコいいです!

シンプルなデザインで、外側はマットな感じで大人っぽい高級感があります。

フードボウル全景

内側が鏡面仕上げで存在感があります。(傷が目立ってきましたね、、、)

内側中央にロゴが光り輝ています。 

ロゴアップ

(左)S (右)M

ドッグフードを入れたり、ワンちゃんが食事している時はロゴが隠れちゃいます、、、

てんちょー

周りに自慢したいのに、気づかれないです、、、

外側にもさりげなくロゴがあれば自慢しやすいのですが、、、

作りがしっかりしている

分厚いステンレス製

1.0㎜の厚みのあるオールステンレス製。 って言われてもサッパリだと思います。

フードボウル側面
肉厚です!
フードボウル裏側
淵が分厚いです! 裏側に滑り止めは無いです、、、

Φ140×40mmのフードボウルSで200g!かなりの重量です。

キャンプカップ
ユニフレーム キャンプカップ(人間用です)

我が家の人間用の食器、ユニフレームのキャンプカップが約φ130×50mmで120g

200gと120gの差が重厚感に表れてます。しっかりした作りだと、すぐわかりました。

ユニフレーム キャンプカップ(プレート・ボール)の詳しいレビューはこちらからどうぞ。

てんちょー

さすがスノーピークです!

そして、やっぱり重い、、、

サイズ感

ちなみにこんなサイズ感です。

フードボウルサイズ感
(左)M Φ170㎜ (右)S Φ140㎜ ワンコは11㎏です。
てんちょー

11㎏のワンコでMとSですが、ちょっと大きかったかなと、、、、

SとSSがピッタリだと思います。

所有欲を満たしてくれる!

この商品は『所有欲を満たしてくれる! 自慢したくなる!』 もうこれに限ります。

フードボウル全景

フードボウルのまとめ

デメリット

デザイン・所有欲は文句ありませんが、デメリットもそれなりにあります、、、

てんちょー

今回は実用性重視ではないので、、、

見た目優先です、、、(個人的見解です、、、)

デメリット
  • 裏面に滑り止めが無い うちのわんこはよく水をこぼします。
  • 内側が傷つくと目立つ
  • 重い
  • やはり値段が、、、

デメリットはそれなりにあります。 ですが、それを補って余りあるカッコよさです。

フードボウル どんな人におすすめか?

スノーピーク信者の方には特にお勧めです!

おすすめ表

高級なワンちゃん用お皿で、所有欲を満たしましょう!

てんちょー

所有欲を満たしてくれる、自慢のフードボウル おススメです。

決してメーカーの回し者ではありません。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。