スノーピーク マグカップ おすすめは? チタン(シングル・ダブル)とステンレスで徹底比較!保温実験で検証!

スノーピーク マグカップ

今回はスノーピーク マグカップの徹底比較のお話です。

こんにちは。2005年からキャンプを始めて、道具は揃ってもキャンプスキルは未だに初心者のてんちょーです。

スノーピークのマグカップ三兄弟。 

マグカップ 3兄弟
左からチタン ダブルマグ・ステンレス 真空マグ・チタン シングルマグ
てんちょー

写真だと違いが、わかりづらいですね、、、

  • チタン シングルマグ
  • チタン ダブルマグ
  • ステンレス 真空マグ

ここから選ぶのって、だいぶ悩ましいですよね、、、

この3種類のメリット・デメリットを徹底比較しましたので、少しでも皆さんの参考になれば、、、

大きな違いは、、、

・チタン シングルマグ⇒スタッキング性能が高い!直火が出来る!

・チタン ダブルマグ ステンレス 真空マグ⇒保温性が高い!口当たりが良い!

細かい違いも色々あります。詳しく紹介していきます。


シングル
マグ

ダブル
マグ

真空
マグ
軽量
強度
におい
口当たり
保温性
スタッキング×
直火××
価格
       それでは詳しく紹介していきます。
tentyou

自分のスタイルに合ったマグカップで楽チンなキャンプを!

どうぞ最後までお付き合いください。 

スノーピーク マグカップ 何が違うの? 

  • 軽量性・強度
  • におい・口当たり
  • 保温性
  • 直火の可否
  • スタッキング性能
  • 価格

上記6項目について詳しく紹介していきます。

軽量性と強度

軽量性強度
チタン シングルマグ
チタン ダブルマグ
ステンレス 真空マグ

チタン製はステンレス製より軽量で強度も高い!

キャンプ用のマグはチタン製とステンレス製が多くあります。 

一般的にステンレスよりチタンのほうが丈夫で軽いです。 それが値段にも反映されています。

オートキャンプのみの軟弱な我が家には、チタンとステンの耐久性・軽さの違いは、あまり気にならなかったです。(山登りの方が気にされると思います、、、)

プラスチック製と比較すると両方とも最強です。

tentyou

耐久性・軽さは、あまり気にならないです。

価格は気になりました、、、

耐久性・軽さ価格
ステンレス製
チタン製
価格のほうが気になるかも、、、

においと口当たり

におい口当たり
チタン シングルマグ
チタン ダブルマグ
ステンレス 真空マグ

チタン製はステン製と比べると、においの影響が小さい。(あくまでも主観です。)

てんちょーが気にしたのは、においです。 正直ステンの金属臭が得意ではないので、、、、

マグカップ 3種類 真上から厚さを見る
左から チタン シングルマグ・チタン ダブルマグ・ステンレス 真空マグ
tentyou

ニオイを気にされる方に、ステンレス製のおすすめはちょっと、、、

淵の厚さが、口当たりに関係あり!

シングルマグカップ淵
チタン シングルマグ
ダブルマグカップ淵
チタン ダブルマグ
ステンマグカップ淵
 ステンレス 真空マグ

写真ではわかりづらくてごめんなさい。 この淵の厚さの違いで口当たりが違います。(特に熱い飲み物でわかります!)

tentyou

チタン ダブルマグステンレス 真空マグは口当たりがいいです!

あくまでも主観です、、、、機会があれば是非飲み比べを、、、

〔瓶コーラが缶コーラより美味しいのも口当たりの違いと信じてます!〕

保温性・保冷性

二重構造内の空気が保温・保冷に力を発揮します。

二重構造 メーカー画像
ダブルマグ断面図 (スノーピーク ホームページより)

二重構造のおかげでチタン ダブルマグステンレス 真空マグは熱いものを注いでも、本体外側は熱くならずに持てます。 (持ち手を持てば関係ないですが、、、、)

保温実験!

保温性・保冷性
チタン シングルマグ
チタン ダブルマグ
ステンレス 真空マグ

それでは徹底比較していきます!

沸騰湯を入れて5分後に計測しました。

5分後

約200ccの沸騰湯を入れてスタート。

5分後計測 実験スタート
左からシングルマグ・ダブルマグ・ステンレス真空マグ

シングルマグ

5分後計測 シングルマグ結果
5分後 73.4度

ダブルマグ

5分後計測 ダブルマグ結果
5分後 76.9度

ステンレス真空マグ

5分後計測 ステンマグ結果
5分後 79.1度
5分後計測
チタン シングルマグ73.4度
チタン ダブルマグ76.9度
ステンレス 真空マグ79.1度

数字上は思ったより差は無いです、、、さらに5分後にも計測しました。

更に5分後(合計10分後)に計測

10分後

10分後計測実験 スタート
合計約10分経ちました。

シングルマグ

10分後計測 シングルマグ結果
スタートから合計10分後 62.4度

ダブルマグ

10分後計測 ダブルマグ結果
スタートから合計10分後 67.9度

ステンレス 真空マグ

10分後計測 ステンマグ結果
スタートから合計10分後 69.6度
10分後計測
チタン シングルマグ62.4度
チタン ダブルマグ67.9度
ステンレス 真空マグ69.6度

10分経過でも数字上はあまり差は開かないですね、、、 驚きの結果を期待していたのですが、、、

飲むと違いがわかりました!

tentyou

ダブルマグ・ステンレス真空マグは熱い!

シングルマグは熱くない。(ぬるいわけでもないです、、、)

ダブルマグとステンレス真空マグの差は感じられなかったです、、、

(計測結果を見てから飲んだので先入観も多少影響してるとおもいます、、、)

スノーピーク マグカップの蓋

シリコーンリッド(シングルマグには使えません。)という別売りの蓋があります。

ダブルマグとステンレス真空マグ専用の保温・保冷用のフタです。

シリコーンリッド 全景
ダブルマグ・ステンレス真空マグ300用です。 450用もあります。
シリコーンリッド マグカップ 使用画像
虫や落ち葉の混入も防げます。

蓋有りの保温実験

フタ有り実験10分後
シリコーンリッド実験 スタート
お湯を入れてフタをして10分間放置

ダブルマグ

シリコーンリッド実験 ダブルマグ結果
10分後 80.6度

ステンレス 真空マグ

シリコーンリッド実験 ステンマグ結果
10分後 87.7度!
5分後10分後
チタン シングルマグ73.4度62.4度
チタン ダブルマグ
(フタなし)
76.9度67.9度
ステンレス 真空マグ
(フタなし)
79.1度69.6度
チタン ダブルマグ
(フタ有)
80.6度
ステンレス 真空マグ
(フタ有)
87.7度
フタ有5分は手抜きしました、、、

シリコーンリッド(フタ)の影響はおおきいです。

tentyou

真空二重構造にフタ有 最強です!

保温・保冷を追い求めるなら、

チタンダブルマグ・ステンレス真空マグにシリコーンリッド!

鬼に金棒です!!

スノーピーク マグカップ 直火は?

直火
チタン シングルマグ
チタン ダブルマグ×
ステンレス 真空マグ×

キャンプでは外気温の影響が大きいです。 

秋から春のキャンプや夏でも朝・晩は冷え込むのでコーヒーなどの温かいものが冷めやすいです。

さっと火にかけて加熱できるのは大きなメリットです。

シングルマグカップ 直火

チタン シングルマグは直火が可能です!

tentyou

飲み物が冷めたら再加熱!これ楽チンです!

(シングルマグはその分、冷めやすい構造ですが、、、) 

シングルマグ 直火 持ち手

弱火で軽くあたためるくらいなら持ち手もそこまで熱くなりません。(シングルマグに限りです!)

直火ができる!チタンシングルマグの詳しいレビューは⇩こちらからどうぞ。

シングルマグは火にかけられます。 しかし、、、

チタン ダブルマグ・ステンレス 真空マグは、火にかけるのは禁止です!(その分、冷めにくい構造になってます!)

〔二重構造のチタン ダブルマグとステンレス 真空マグは中の空気が熱で膨張して変形・破損の可能性があるので火にかけられません。〕

スノーピーク マグカップのスタッキングは

スタッキング 効率よく重ねられるか?

スタッキング
チタン シングルマグ○(1サイズ違いも可能だが自己責任で!)
チタン ダブルマグ△(2サイズ違いのみ可能)
ステンレス 真空マグ×

・チタン シングルマグ

2サイズ違いは問題なくできます。  450と220→〇

1サイズ違いはできますが、、、、注意が必要です。(後述します)

tentyou

我が家はシングルマグ同士で450・300・220は問題なくスタッキングできます。

⇩画像は我が家のシングルマグです。

シングルマグ 持ち手折り畳み
持ち手を折り畳み→
シングルマグ スタッキング中
重ねるだけ、、、

スタッキング 完了
きれいにスタッキングできます!

我が家のチタンシングルマグ220・300のレビューはこちらからどうぞ。

チタンシングルマグ 1サイズ違いのスタッキングについて

1サイズ違いのスタッキングはメーカーホームページ上では推奨していません。 (『できない』ではなく『お勧めいたしかねます』と表記されています。)   450と300、300と220→自己責任で

個体差でスタッキングできない・破損する可能性もあるらしいですが、我が家は問題なくやってます!

取り出すときに少しひっかかりますが使用時には影響はありません。

SNS上でも多くの方が1サイズ違いのスタッキングをしています。

そしてメーカーも〔2022 限定 秋の野遊び応援セット〕で450・300・220の3個セットを販売してます、、、 どーゆーこっちゃ⁉、、、

・チタン ダブルマグ

2サイズ違いのみできます。  

450と220⇒〇

1サイズ違いはできません。

450と300⇒× 

・ステンレス 真空マグ

スタッキングはできません。

スタッキング
チタン シングルマグ
チタン
ダブルマグ
△(2サイズ違いのみ可能)
ステンレス 真空マグ×

価格

2022年1月現在の各マグ300の価格です。

tentyou

シングルマグの安さが際立ってますね、、、

スノーピーク マグカップは持ちやすい

3種類のマグに共通です。

シングルマグ 持ち手を持つ

持ち手の曲線のおかげで、ホントに持ちやすいです。 他メーカーと持ち比べると全然違います。

シングルマグ 持ち手全景

シングルマグの持ち手は自分が握ったポジションで止まらずに、左右に動きやすいです。  

自分が握ったポジションで持ち手が止まれば良かったのですが、これもわがままですね、、、

ダブルマグとステンレス真空マグの持ち手は握ったポジションで止まりました。(個体差や経年によって変わる可能性もあります、、、) ⇒ 1年使ったら止まらずに動くようになりました。(2022.9追記)

tentyou

お店で持ち比べをお勧めします!

(お店の迷惑にならない程度に、、、、)

スノーピーク マグカップのまとめ

チタンシングルマグのおすすめポイント
  • 直火が可能!
  • スタッキングが効率的!
  • スノーピークにしては割安!

チタンダブルマグ・ステンレス真空マグのおすすめポイント
  • 保温性・保冷性   シングルマグとの価格の違いがここにあります!
  • 優しい口当たり  (ステンのニオイが気になるかも、、、)
シングルマグダブルマグステンレス真空マグ
軽量
強度
におい
口当たり
保温性
スタッキング×
直火××
価格
tentyou

どれを選びますか?

複数揃えるなら価格も、大きなポイントですね、、、

⇩必見です!⇩

⇩直火が出来る!チタンシングルマグを検討でしたら、是非!⇩

⇩チタンシングルマグからの、⇩

⇩保温性抜群のチタンダブルマグを検討でしたら、是非!⇩

しつこくて、ごめんなさい。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。